お知らせ
お知らせ

健康情報を更新しました。「40歳を超えたら、特定健診を受けましょう!」

今月の健康情報は「40歳を超えたら、特定健診を受けましょう!」です。

40歳を超えたら、特定健診を受けましょう!
特定健診とは

特定健診とは、運動不足・かたよった食事・喫煙などの生活習慣が引き金となる生活習慣病の発症・重症化を予防することを目的とした健康診断です。
健康保険法に基づき40~74歳のすべての国民に対して年に一回行います。

生活習慣病とは

生活習慣病とは、生活習慣が原因で起こる疾患の総称です。

生活習慣病

動脈硬化症

糖尿病

高血圧症

脂質異常症 など

原因となる生活習慣

偏った食事

運動不足

喫煙

過度なストレス など

検査内容

特定健診では、以下のような検査をおこないます。

質問票

病歴、服薬歴、喫煙歴など、さまざまなことを確認します。

身体計測

身長や体重、BMI、腹囲の測定をします。
※BMI=ボディマス指数=身長と体重から導く肥満度を表す体格指数

理学的検査(身体診察)

身体の異常などを触診と合わせて調べます。

血圧測定

血圧は動脈硬化や心疾患のリスクのひとつの指標になります。

血液検査

血中の脂質や血糖、肝臓の機能に関する数値を調べます。

尿検査

尿中のたんぱく質量などで腎臓の機能を調べます。

このほか、心電図検査、眼底検査、貧血検査を行う場合もあります。

特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、専門スタッフ(医師・看護師・保健師、管理栄養士など)が生活習慣を見直すサポートをします。

受診方法

お勤め先やご自宅にご加入の医療保険者より案内が届きますので、案内に従い受診しましょう。
加入されている医療保険者は、お手持ちの健康保険証にて確認ができます。
主な医療保険者には下記のようなものがあります。

健康保険組合(通称:健保組合)

全国健康保険協会(通称:協会けんぽ)

国民健康保険(通称:こくほ)など

特定健診を受診するには、特定健康診査受診券(受診券)が必要となります。
以下を忘れず持参しましょう。

特定健康診査受診券

健康保険証

※これらは加入している医療保険者から配布されます

まとめ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため家にこもりがちな生活となり、運動不足や食生活の乱れなど、生活習慣病になるリスクが高まっています。
自分は大丈夫と過信せず、年に1回は健診を受けて自分の健康状態を把握しましょう。

提供:メディアコンテンツファクトリー